キャッシングの利用条件は基本的には給与など安定した収入があることです。キャッシング業者の中にもいくつかタイプがあり、大まかには消費者金融系・信販系・銀行系などに分けられます。これらの大きな違いの一つが総量規制です。消費者金融および信販系のクレジットカード会社は貸金業者であり、総量規制という法律の対象となります。総量規制では借入総額が年収の1/3を超える金額の貸付は行うことができません。つまり年収が少なかったり複数業者から借入をしている人は、希望する限度額を得られず、限られた金額しか融資を受けられないことになります。もちろん年収ゼロの専業主婦の場合は消費者金融や信販系でキャッシングすることは不可能になります。これに対して銀行系キャッシングは総量規制対象外となっています。そのため中には専業主婦向けの貸付を行う商品もあるのです。借りられる額は少ないですが、配偶者の同意書や収入証明書も不要でお金が借りられるので、内緒で借入したい人にもオススメです。また銀行系のキャッシングは消費者金融などと比較して金利が低いことも特徴となっています。低金利で借りられれば、それだけ返済時にかかる利息の負担も少なくてすみます。さらに上限額も幅広いタイプを取り扱っているので、他者からの借り換えやおまとめローンなど大口融資にも適しています。もちろん融資を受けるには審査に通過することが必要で、上限額も年収などを考慮した上で決定します。消費者金融とくらべると多少審査が厳しいともいわれますが、銀行母体という安心感も手伝って確実に利用者を増やしています。また最短で当日中にお金を借りられる即日融資に対応している銀行キャッシングもあり人気を集めています。キャッシングを検討する際には以上のような特徴を十分に理解した上で、まずはきちんと返済計画を立てることが大切です。くれぐれも借りすぎて返済不能になることのないよう、必要最低限の利用にとどめましょう。