キャッシングを利用する上で重要になるのは、実は借りた後のことです。
お金を借りると当然毎月返済を行うことになります。
返済時には借入期間と金利(利率)に応じて利息が発生します。
返済方法は銀行口座から引き落としにするか、またはATMから返済することもできます。
借りてからすぐに一括返済を行う場合は良いのですが、リボ払いでは毎月決められた返済日を忘れることのないよう注意が必要です。
お給料の前後などでうっかり口座に入金し忘れたりすると延滞扱いになってしまいます。
ただでさえ利息を支払わなければならないのに、延滞すると遅延損害金まで発生してしまいます。
それだけでなく、借りたお金を返さないということで著しく信用を損ないかねません。
ではもしも不注意や経済的にやむを得ない事情で返済日に遅れた場合にはどうすればいいのでしょうか。
まずは返済遅れが分かった時点で速やかにキャッシング会社に連絡を入れることです。
延滞のお知らせハガキや電話が来る前に、自分から連絡を入れることで先方への印象はかなりよくなります。
そして事情を説明し、いつまでなら返済が可能なのかを相談してみましょう。
一度の延滞でいきなりブラックリストに名前が載るようなことはないので安心してください。
ただし油断は禁物です。延期してもらった返済日を再度守らなかったり、そのまま返済せずに放置したりすると、やがて大きな問題に発展してしまいます。
何度も延滞を繰り返していると、ブラックリスト入りする可能性もあります。
最近では返済日が近づくとスマホにメールでお知らせしてくれるサービスなどもあるので、積極的に活用するとよいでしょう。
また複数の借入を抱えている人は特に注意が必要です。
各社ごとの返済日を管理するのはとても面倒なので、一本化してしまうのもオススメの方法です。
新たに借り換えすることで限度額が大きくなり低金利が適用されるので、返済総額が大きく軽減されることが期待できます。