お得にカードローンを利用したいなら、まずその特徴について知っておく必要があります。
お金を借りる上でもっとも重要なポイントとなるのがカードローンの金利です。
金利は利率とも呼ばれ各社でそれぞれに設定が異なり、また融資限度額によっても変わってきます。
金利は申込審査の段階で収入などの諸条件や与信システムの評価内容によって決まります。
限度額が大口なほど低金利で利用できますが、少額の利用なら最高金利が適用されることがほとんどです。
ただし一定の利用実績が得られれば、後日限度額の増額手続きをして金利が下げられる可能性もあります。
カードローンの返済はほとんどがリボ払いで毎月の利息がかさみやすいという問題があります。
その点一括払いで返済したり早期に完済するなら、さほど金利の影響は受けにくいといえます。
でも借金の金額によってはほんの少しの金利差が利息負担に大きく影響することもあり得る、ということを頭に入れておきましょう。
まずは数社の金利をしっかり比較検討してから申込すると安心です。
一般的にはクレジット会社や消費者金融のほうが、銀行カードローンにくらべると高金利です。
ただ大手消費者金融では無利息サービスを提供しているところがあり人気を呼んでいます。
借入期間中の一定日数に対して利息がゼロになるのは大きなメリットです。
銀行カードローンは比較的低金利で貸付を行っていますが、やや審査が厳しいともいわれています。
しかし総量規制対象外であることから、借金総額にかかわらずお金を借りられる可能性が高いので、複数ローンの一本化にも向いています。
いずれの金融機関の場合でも、借入前にはしっかりと返済計画を立てることが何より重要になります。
いくら使い道自由で手軽に借りられるからといってむやみに借入を繰り返していると、いつの間にか返済不能に陥り債務整理など最悪の事態を引き起こしかねません。
返せない金額は借りない、このことを肝に銘じて上手にカードローンを利用しましょう。