キャッシング会社には銀行系や消費者金融系、そしてクレジットカード系があります。
この中でもっとも低金利で利用できるのが銀行系のカードローンです。
金利が低いほど返済時に発生する利息の負担は軽減されるので、金利の差は大きなポイントとなってきます。
また総量規制の対象外であるため、借金の総額や年収によって融資限度額が限られてしまう、という心配が少ないことも銀行系の特徴となっています。
大手銀行グループについていえば、さらに信頼度や安心感というメリットも人気の理由ではないでしょうか。
申込審査についてですが、大手銀行系ではコンピューターの普及とともに、インターネット申込が主流になりつつあります。
お手持ちのパソコンはもちろんのこと、スマートフォンや携帯電話からも操作可能です。
申請された内容や信用情報をもとに審査が進められ、在籍確認を経て最終的な融資可否決定がなされます。
申込手続き完了後、最短では30分ほどで審査結果の連絡が来ます。
無事に審査に通過するとお金を借りられるようになるわけですが、お急ぎの場合は本人名義の口座に振込してもらうこともできます。
大手銀行では一定金額までの利用なら給与明細や源泉徴収票などの書類を提出しなくても申込可能なので、ますます手軽に借入することができます。
ちなみに申込審査では、審査通過と同時に融資限度額と金利も決定します。
限度額が大きいほど金利は低くなりますが、申込当初は限度額も小さく最高金利が適用されることも少なくありません。
ただその後利用を重ねつつ返済状況に問題がなければ、優良顧客と見なされ限度額の増額が検討されることもあります。
増額が実施されれば必然的に金利が下がりますから、利息負担がラクになります。
ただし手軽だからといって借入を繰り返していると、後々トラブルにもなりかねません。
返済不能で自己破産や債務整理を行うケースも少なくないのです。
借りすぎには十分注意し、返済計画を立てて上手に借入を行いましょう。