手軽にお金が借りられると人気のキャッシングですが、審査で重視されるポイントとはどんなことがあるのでしょうか。
まず審査では借入の目的が事業性資金かどうかが問われます。
一般的なキャッシングはすべて使途自由ですが、個人事業主の利用はNGとなっています。
それから審査で問題になるのが本人の返済能力についてです。
審査では年収や勤続年数をはじめ、さまざまな条件を考慮して申込した人の経済力をチェックするのです。
貸付したお金が回収できず貸し倒れになる事態を避けるため審査の段階で返済能力を見極めることは、当然必要な手続きといえるでしょう。
また個人信用情報の内容も重要なポイントとなってきます。
信用情報には過去数年間にわたる金融関係の利用履歴が残されています。
延滞や複数借入などがある人は、審査に不利になる場合があるので注意が必要です。
過去に金融事故を起こしてブラックリストに名前がある人はもちろん問題外で、一発で審査に落ちてしまいます。
以上のように返済能力と信用度に問題がなければ、勤務先に電話で在籍確認が行われます。
勤務実態が確認できれば晴れて審査に通過となり、同時に融資限度額や適用金利も決定します。
審査の通りやすさについては口コミなどでも書かれていますが、消費者金融が比較的通りやすいといわれます。
銀行系は消費者金融にくらべて審査が厳しいとされていますが、低金利で借入できるため利息負担が少ないことが大きなメリットです。
いずれの場合も申込できる人の条件としては、安定した収入があることとなっています。
必ずしも正社員である必要はなく、アルバイトでもパートでも給料を受け取っていればOKです。
ただし総量規制の対象外である銀行のキャッシングは、無収入の専業主婦なども少額の借入が可能な場合があります。
審査に通れば限度額の範囲内で何度でも借りられるのがキャッシングのメリットですが、ATMの利用手数料などが発生することもあるので注意が必要です。
また借りすぎて返済不能に陥ることのないよう、くれぐれも事前の計画をしっかり立てて利用しましょう。