キャッシングの申込で在籍確認について心配する方も多いのではないでしょうか。
在籍確認と聞くと、職場の人たちに借金がバレてしまうようなイメージがあるようです。
でも実際にはそんな心配はないので大丈夫です。
まず在籍確認の目的についてですが、これは申込書に記入された勤め先に電話をして、申込した人が実際に仕事に就いて給料を手にしているかチェックすることです。
もしも仕事で安定した収入を得ていなければ、貸したお金が回収できないいわゆる貸し倒れのリスクが高まります。
そのような事態を避けるためにも、申込の段階でしっかりと勤務状況を把握しておく必要があるのです。
仕事をしているという事実は、すなわち返済に必要な経済力につながります。
この返済能力が高いほど審査に通過する可能性は高くなりますし、融資限度額も大きくしてもらえます。
このような理由から在籍確認が必須となるわけですが、実際の流れとしてはどのようなことが行われるのでしょうか。
在籍確認のやり方は各社とも大体同じで、担当者が申込書に記載された勤務先に電話をかけます。
このとき「○○カードです」などと金融機関名を名乗ることはないので安心してください。
大抵は申込者の知人を装い、個人名を名乗って電話をかけてきます。
もしその場で本人以外の人が電話を取った場合は、「○○さんいらっしゃいますか?」と取次ぎを依頼します。
たとえ不在の場合でも「○○はただいま席を外しております」や「外出中です」という回答が得られれば、在籍確認の目的は達成されて終了となります。
電話口に出た同僚に根掘り葉掘り尋ねたり、折り返しの電話を依頼することはまずありません。
そもそも在籍確認までこぎつけているなら、書類や与信審査での評価はクリアしている場合がほとんどです。
つまり審査通過まであと一歩なのです。
晴れて審査に通過すれば限度額の範囲内で何度でも借入ができます。
最近では審査も迅速で、WEB完結を利用すればスピーディに振込融資を受けることもできます。
適用金利やATM手数料などは諸条件によって異なります。
銀行キャッシングは安心感も大きく、比較的低金利で借入できる点がメリットとなっています。